事業継続計画

EIREシステムコンサルタントは、BCP / DRプロジェクトの実行経験が豊富です

事業継続計画 (Business Continuity Planning) 2017-10-31T20:02:21+00:00

エイラシステムのコンサルタントは、BCP(業務継続)/DR(災害復旧)プロジェクトの遂行に幅広い経験を有しています。エイラシステムのBCP/DRプロジェクトは、4フェーズアプローチを用いて管理されます。

フェーズ1– ビジネスインパクト分析(BIA)

これにより、最も対コスト効果が高い業務継続方法が、定義されたビジネスリスク及びアクティビティーに従い確実に導入されます。

フェーズ2 – 業務継続プランニング及び代替復旧サイト計画:

このフェーズでは、業務継続計画IT要件報告書が作成されます。サイト計画の目的は、BIAに詳述されたIT要件を、デスクトップ及びマシンルーム機器要件に転換するために必要なITシステムを詳述することにあります。

フェーズ3 – DR(災害復旧)サイト構築:

フェーズ2で作成された計画が承認され次第、DRサイトが構築されます。このフェーズには、ローカル及び可能であればリージョナルレベルのIT人材の参加が求められます。また、このフェーズでは、最も費用対効果が高いソリューションを実施するために、サードパーティーベンダーの提案書と価格付けが、グローバルレベルの価格付け及び現行のサービスレベル契約と比較・検討されます。

フェーズ4 – DRサイトテスト:

DRサイト構築フェーズに引き続き、関連するテスト及びトレーニングが各々の業務ユニットに対して実施されます。このテスト及びトレーニングの結果、問題が特定され、BCP/DR手順、ITシステムとサポートインフラに関連した役割と責任の更新に必要なフィードバック情報を得ることができます。