サービス (Services)

サービス (Services) 2017-10-31T16:35:11+00:00

サービス

エイラシステムは、「設計」「構築」「サポート」という3つのフェーズでサービスを提供しています。詳細をご覧になりたいサービス名をクリックすると、内容がご覧いただけます。

設計

設計フェーズでは、ニーズからプロジェクト要件を定義し、具体的なプランの策定、スケジュール管理、リスク管理などを提供します。

ハード/ソフト両面のIT資産や人員の移転に必要なコストの算定/管理、プランニング、コーディネーションを請け負います。

プロジェクト成果物には、以下が含まれます

  • トポロジー及びシステム設計
  • 依存関係分析
  • 予算及びコストのトラッキング
  • 移転スケジュール策定
  • リードタイム分析
  • 調達手順
  • リスク マネジメント
  • インプリメンテーション マネジメント
  • 移転前後のシステム(デスクトップ/サーバー/市場データ)のフル文書化(ユーザー受け入れテストを含む)

ビルリスタック

ビルリスタックとは、既存ビルの再構成業務を意味します。
陳腐化した設備の刷新や効率化を、費用面や性能面を含む多角的な視点から提案/実現します。

インフラ整備拡張

複雑かつ時間的制約が大きいインフラストラクチャー関連プロジェクトにおいて、豊富な経験と専門知識をもとにプロジェクトの納期、予算、仕様を満たします。また、ネットワーク構築、デスクトップ、マーケットデータ端末及びテレコム関連技術を提供します。
インフラ関連サービスには、以下が含まれます。

  • ベンダーコーディネーション及びマネジメント
  • 要件定義
  • 成果物マネジメント
  • プロジェクトドキュメンテーション
  • サイトオフィスマネジメント
  • 予算策定及びコストコントロール

データセンター及び設備の刷新

大規模データセンター プロジェクトにも対応可能な高い技術と専門性をもって、新規データセンターの導入、各企業のニーズに合わせたデータ設備のご提案などを行います。

機器ロジスティクス

IT機器の入庫管理/在庫管理、新規調達、輸送、搬入、設置、動作確認など

構築

構築フェーズでは、計画に基づきプロジェクトを実施します。
実際的なサービスの提供は、熟練の技術者が担当します。

ソフトウエアインストレーション及びマイグレーション

特に中小企業などで専任の部門がない場合には、煩雑になりがちなオフィス内のソフトウェア管理、
ソフトウェア選定、一括移行などを行います。

システム移転

ネットワーク構築

BCP/DR (事業継続計画/災害復旧)

BCP/DRとは、災害や事故などの緊急事態に際して、重要業務に対する影響を最小限にとどめ、
最低限の事業継続および早期復旧を行うためにあらかじめ準備しておく戦略的行動計画を意味します。
東北大震災以降、政府によりBCPの策定の推奨が強化されており、ますますニーズが高まっています。

サポート

マネージドサービス

マネージドサービスとは、企業で生じるニーズを丸ごと外注できるサービスです。日常的なサーバやデータベースの保守、新規ソフトウェアの選定や導入、のセットアップなどから、全社的なマシンアップデートや大規模なプロジェクトにいたるまで、あらゆるレベルのサービスを一元的にお引き受けします。

オンサイトサポート

リモートサポート

リモートサポート対応の例は以下の通りです。

  • Windows
  • ネットワークシステム
  • マーケットデータ
  • Unix