ゼロからのデータセンター構築

米国投資銀行

ゼロからのデータセンター構築 2017-10-30T16:53:49+00:00

Project Description

ゼロからのデータセンター構築

クライアント

世界各国に5万人以上の従業員を有するグローバルな
大手米国投資銀行

プロジェクト

日常的な業務需要からITインフラ機能を分離しつつ、
向こう5年間のITインフラス需要をまかなえるオフサイトの
データセンターの実装。

 

【ソリューション】大規模案件ならではの膨大な作業工程も、拡張性まで考慮した事前の綿密な計画に基づき確実に実施。機器の選定、入札管理、レイアウト策定、予算管理、実作業管理、書類作成など徹頭徹尾のソリューションを提供いたしました。

  • ITインフラストラクチャー配備完了までに必要なすべての段取りおよび設計を含むプロジェクトプランの策定。
  • データセンター機器の収容についての将来的な拡張を踏まえたIT要件を策定/確認するための実地調査および現地のITスタッフに対する聞き取り調査の実施。
  • 通信、ネットワーク、WAN、データフィードなどを含む全機器を収容するデータセンターの詳細計画/レイアウトの作成。
  • 空調、無停電電源装置(UPS)、発電機、変圧器、耐震フレーム、床材、照明、セキュリティーシステムなどのクライアントのM&E(機械&電気)状況に適したデータセンターレイアウトを調整するためのM&Eコンサルタントとの連絡業務。
  • 配線、機器ラック、ネットワーク機器、音声(VoIP)、SANおよびサーバー要件を含むITシステム用入札書類の作成。
  • IT配線インフラ及び機器ラック作業の実施および委託のための業務リストならびにスケジュールの作成。
  • 全IT機器の新データセンターへの導入および移転のための業務リストとスケジュールの作成。
  • プロジェクト実施に伴う全IT支出の予算策定およびコスト追跡。
  • 実装ステージにおける欠陥品/障害リストの作成および定期的なクライアントへの作業進捗報告を含む全作業の完了確認。
  • 全ドキュメンテーションの納品管理。